• ホーム
  • バイアグラのジェネリック医薬品でもED治療出来る?

バイアグラのジェネリック医薬品でもED治療出来る?

スプーンの上にあるカプセル

医薬品には、新薬とジェネリック薬という区分があります。

新薬は、初めて開発されていろいろな実験・治験・臨床実験などのプロセスを経た結果承認に至って市場に流通する医薬品です。
新薬が登場した時には製造特許が設定されていて、他の製薬会社が同じ内容の薬を製造することはできない仕組みになっています。
しかし、その特許期間が満了すれば製造が可能となり、そうして製造されるのが新薬に対してジェネリック薬と呼ばれる医薬品です。
新薬は先発医薬品、ジェネリック薬や後発医薬品と分類されることもあります。

新薬とジェネリック薬の一番大きな違いは、製造にかかるコストです。
企画からスタートして、研究を重ねて承認される新薬では製造に多大なコストがかかります。
一方ジェネリック薬は、既に内容のわかっている医薬品を製造するものなので低コストです。
この違いは市場の流通価格にも反映されていて、新薬とジェネリック薬の薬価を比較するとジェネリック薬は新薬の数分の1ということもあります。

バイアグラは、世界で初めて誕生したED治療のための医薬品です。
主成分はクエン酸シルデナフィルで、男性が勃起状態にある時に大量に生成されている血管拡張物質を壊して勃起を終息に導く酵素・PDE5酵素の働きをブロックし、勃起を維持する効能があります。

バイアグラにもジェネリック医薬品が登場しています。
バイアグラのジェネリック薬は、カマグラ・ペネグラ・カベルタ・シラグラなど各種製造されていて世界中で流通しています。

ここで、インドには製薬上の特許制度の関係からジェネリック薬を専門に製造している製薬メーカーが集中しています。
カマグラ・ペネグラ・カベルタ・シラグラもインド製のジェネリック薬で世界中に出荷されています。

カマグラ・ペネグラ・カベルタ・シラグラは、バイアグラのジェネリック薬ですから、主成分も同じくクエン酸シルデナフィルが配合されています。
よって、男性が性的なに興奮すると生成される血管拡張物質が破壊されるのを防いで勃起を維持するという効能も同じです。

また、どんな医薬品であっても使用するにあたっては副作用や禁忌事項について正しく知っておくことが必要です。
クエン酸シルデナフィルは血管の拡張を持続する効能を持つ医薬品なので、服用することで顔面のほてりや動悸、頭痛などの副作用が高い割合で現れます。
さらに、血管拡張により血圧が降下する可能性がありますので高血圧治療のための降圧剤との併用は禁忌とされています。
こうした副作用や禁忌事項についても、カマグラ・ペネグラ・カベルタ・シラグラといったジェネリック薬は新薬のバイアグラと同じ扱いです。