手のひらにあるカプセルと葉

バイアグラはED治療薬として承認された最初の医薬品です。
もともとは循環器系の医薬品として開発されていたのですが、その途中にEDに効果があると判明し、ED治療薬として開発、承認されたのです。
最初に開発されたので、ED治療薬としての効果が中心となり、その他の性質については、後回しとなってしまいました。
ですから、後続の医薬品である、レビトラなどに比べると若干のマイナス点があります。
例えば、食事の影響を受けること、持続時間が10時間程度である事など服用時に注意を払わねばならない点があります。

しかしながら、販売されてから長い時間が経ち、安全性の情報の収集も進み、副作用に関する情報が数多く集積されています。
その点からバイアグラの安全性について、不安を持つ必要はありません。

また、ジェネリック品も数多く発売されるようになり、価格も下がり始めました。
他のED治療薬と比較すると安い価格で販売されています。
しかしながら、安いからと言って個人輸入のバイアグラには、模造品が多く、安全性も確保されているとは限りません。
あんしん通販薬局などのように、できるだけ有名で、口コミの多く利用者がある程度いるサイトを狙うと失敗しなくていいかもしれません。

バイアグラは最初に販売されたので、世界中で数多くの模造品が生産され、それがまだ市場に出回っているようです。
用量が不足しているだけでなく、有効成分自体が含まれていないものなども販売されています。
使用されている添加物についても、日本で許可されていないものが含まれているなど、品質についてはとかく問題があるようです。

食事の影響を受けることについては、食事の30分前ぐらいに服用することで、その影響を避けることができます。
飲酒についても飲みすぎなければ効果に影響はありません。

副作用も血管の拡張によるほてりなどが見られますが、しばらくすると、治まってきます。

保険適用されていませんがバイアグラの値段は決して高価ではないです。
数百円から購入できるところもあります。
またバイアグラの処方は医師の診察も簡単なものであり、今服薬している医薬品があるなら、その情報も得ることができます。
持病で本来なら服薬してはいけない状況においても医師の判断を得ることができますので、必ず受診するようにしましょう。

記事一覧

ED治療薬として世界で初めて実用化されたバイアグラは現在でもED治療のために広く処方されています。 ...

医薬品には、新薬とジェネリック薬という区分があります。 新薬は、初めて開発されていろいろな実験・治験...